見学会のご案内
カテゴリー別企画プラン
家づくりコラム
メディア掲載情報
施工中ブログ
補助金・減税・優遇制度 オールガイド
パッシブハウス

豊かな緑と共に生きる、

未来の自然環境共生住宅。

「パッシブハウス」は高度な断熱構造と自然エネルギーの活用で消費エネルギーを極端に減らしたエコハウスです。

日本で現在スマートハウスと呼ばれている住宅は、省エネ性能の高い設備機器を使用し、太陽光発電で使用エネルギーをまかなうというように、最新の省エネ機器を積極的に活用するという考え方で作られており、「アクティブ(積極的)」なアプローチです。

一方で、高い断熱性能やトリプルガラス窓の導入、庇の深さや開口部の取り方などを工夫し、家そのものの断熱性・気密性を高めることで必要とするエネルギー自体を減らし、自然のチカラを活用して快適な環境を実現するという「パッシブ(受動的)」な考え方で作られているのが「パッシブハウス」です。

パッシブハウスは電気設備に頼って消費エネルギーを削減するスマートハウスとは対極的な考え方から生まれました。
住宅性能を最大限に高めていますので、家の中の温度差が少なく、少ない冷暖房エネルギーで家全体を快適な状態にすることができ、 夏場は大きな窓を開放することで涼しい風を取り込み、快適な状態を保ちます。
できる限り冷暖房に電気を使わずに快適性を実現していますので、太陽光発電で生み出す電気は大部分を売電に当てることができます。

パッシブハウスは、1991年にドイツのパッシブハウス研究所によって省エネ住宅スタンダードとして確立されました。世界国の法規によって定められた省エネスタンダード(いわゆるミニマム・スタンダード)よりもはるかに上を行くこのシビアな省エネ基準は、その経済性が実証されると同時にドイツ、オーストリアで大きく普及し、近年ではEUとは気候の異なるアメリカや韓国でもパッシブハウスの建設が試みられております。

今後はこの考え方が地球環境と共生するための基準となっていくと考えられており、当社もお客様のご要望にお答えして積極的に取り入れて参ります。


施工事例はこちら