見学会のご案内
カテゴリー別企画プラン
家づくりコラム
メディア掲載情報
施工中ブログ
補助金・減税・優遇制度 オールガイド

構造について

枠組壁工法
在来軸組工法
ティンバーフレーム工法

枠組壁工法

2×4、2×6など

世界が認める「枠組壁工法」

枠組壁工法

1940年代に北米で発達した工法で、現在では北米の木造住宅の主流となっています。 2インチ×4インチを中心とする6種類の規格材を基本に組んだ枠組に、構造用合板を貼り面をつくります。 このパネルを4つの壁面にし、床面、天井面の6つの面で支える箱構造にして住まいを構築させるのがプラットホーム工法です。

2×4インチの木材をベースにすることからツーバイフォー工法と呼ばれ、 壁の厚みを6インチにした2×6工法などを含め、北米ではプラットホーム工法と呼んでいます。

日本での正式名は「枠組壁工法」です。プラットホーム工法が生まれた北米は広大な大陸で地域により乾燥、高温、寒冷、 多雪など多彩な気候が存在し、そのすべての地域で評価され、 また日本同様地震多発地帯のカリフォルニア州でもその耐震性が認められています。

現に日本の阪神・淡路大震災でもプラットホーム工法(2×4)の耐震性が話題になりました。 これは面構造を基本にした工法が外力を面全体で受け止めることで荷重を一点に集中させることなく効率的に分散し、 抜群の強さを発揮するからです。さらに面構造のため、気密性・断熱性が高く、効率の良い冷暖房が可能のため省エネルギーにもつながります。 北米ではこの工法の耐久性が明確になり4、5階建ての集合住宅もめずらしいことでは無くなりました。

しかし、プラットホーム工法のメリットである高気密・高断熱という特性は反面「換気」を悪くするというイメージがあります。 換気の重要性は誰もが認めることで、必要不可決な事ですので十分な注意が必要です。 ニットーホームでは「換気」だけではなく「給気」にも気を配り、“全館換気システム”を標準装備としています。


枠組壁工法
枠組壁工法
耐震性・耐久性が世界基準で評価されているんだ。

在来軸組工法

柱や梁で家の骨組みをつくる

伝統工法「在来軸組工法


在来軸組工法(木造軸組工法)は日本の気候風土が生んだ独自の建築工法であり、 木のやさしさを知り尽くした、日本の気候風土に調和した工法といえます。

柱や梁などの軸で骨組みをつくる日本の伝統的な家の建て方であるため、 日本の木造住宅の多くがこの工法を採用しています。 在来工法はさまざまな立地や敷地条件に対応でき、開口部も大きく取れるようになっており、 他の工法にくらべて間取変更など容易にでき、お客様のご希望合わせた、自由度が高い家づくりが可能となります。

在来工法は垂直方向の力には柱、水平方向の力には梁で抵抗が働きます。 筋交いと呼ばれる斜材を加え、さらに結合金具を使って耐震・耐風構造の強度を高めます。 さらにニットーホームでは、割れやねじれなどを防ぐ、均一化された強度の集成材を使用し、軽く、強く、 防火性に優れた断熱性の高い品質を実現しています。

日本の気候風土に合った工法なんだ。モダン和風住宅などに採用するよ。
在来軸組工法
在来軸組工法
在来軸組工法

ティンバーフレーム

ダイナミックな大断面木材架構の

「ティンバーフレーム工法」


ティンバーフレーム工法は、イギリスを発祥とし、大断面角材を使い天然木の柱や梁を見えるように組み、 白壁や板張りと合わせ重厚で美しいデザインを生みだします。 吹き抜けや大きな空間を作り出す事が容易で、店舗などにも適した工法です。

一方ポスト&ビーム工法は柱・梁などを原木の丸太で作り上げるもので, ティンバーフレーム工法と同様日本の建築法上は在来工法と同じ木造軸組工法となります。 いずれも天然木を見せる事により、リビング、アトリエなど部分的なオシャレ空間を楽しむこともできます。


木そのものに包まれる感覚が

他にはない「ログハウス」


ログハウスはデンマーク等、北欧を中心に発達した工法で丸太材を溝に積み重ねて壁構造をつくる丸太組み工法が基本。 柱と梁を組んで丸太を落とし込むピース&ピース工法や在来工法との折衷などもあります。

現在ではマシンカットなどで角材を使ったものなど多様化しており、 別荘や店舗はもとより住宅で使用する方も増えています。 現在の基準で工法として認可されたのは1987年と意外に新しいのですが、 我国で最も古いログハウスは、奈良・東大寺の正倉院で、建築されたのは、 今から1200年も前のことです。

木や天然素材のもつ湿気調節機能や紫外線吸収作用、 殺菌作用などの物理的特性による、様々なヒーリング作用が、 生活に活気と潤いを与えてくれます。ストレス社会といわれる現代で健康住宅としての注目も高い住宅です。


アメリカ・シアトルとカナダ・バンクーバーから

直輸入の木材でつくるログハウス。


北米西海岸で育った平均樹齢200~300年以上のウェスタンレッドシーダーを採用しています。 これには、防腐・防虫効果の高い油性抽出成分が多量に含まれ、 しかも人には優しい有効成分ですので、耐朽性、耐候性に優れ、ログハウスに最も適しています。

ティンバーフレーム
ティンバーフレーム
ティンバーフレーム
ティンバーフレーム
ティンバーフレーム